ここから本文です

姫路城で観月会 中秋の名月の観測や演奏会・月見茶会など /兵庫

みんなの経済新聞ネットワーク 9月9日(金)17時40分配信

 姫路城三の丸広場(姫路市本町)で今年の中秋の名月にあたる9月15日、「第34回姫路城観月会」が開かれる。主催は姫路城イベント実行委員会(TEL 079-287-3652)。中秋の名月(旧暦8月15日)に合わせて毎年開催されている。
(姫路経済新聞)

 ステージでは、オープニングセレモニー(あいさつ、鏡開き、乾杯)に続き、琴の演奏、ひめじ観光大使の丘みどりさんの演歌、吟剣詩舞(ぎんけんしぶ)・歌謡詩舞(かようしぶ)(姫路吟剣詩舞道連盟)、「太鼓集団一擲(いってき)」の和太鼓演奏が繰り広げられる。

 会場では、お茶席(一席=400円)を設けるほか、飲食関係の団体が用意するブースでは、千姫弁当(1,000円)、お月見団子(500円)、揚げカマボコ(300円)、姫路おでん(500円)、「千姫忠刻 奇跡の恋盃」で提供する地酒(おつまみ付き、500円)などを用意。月の観測コーナーや姫路の観光PRコーナーも用意する。

 当日は、姫路城に隣接する姫路城西お屋敷跡庭園「好古園」でも観月会が催され、庭園もライトアップ。演奏会や月見茶会(一席=500円)が繰り広げられる。

 姫路城観月会の開催時間は18時~21時(お茶席は17時~)。雨天時は翌日に順延。「好古園」は入園料(大人=300円、小・中・高生=150円)が必要。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月9日(金)17時40分

みんなの経済新聞ネットワーク

【生中継】小池百合子都知事の会見