ここから本文です

これで51歳……? 「イタリアの宝石」モニカ・ベルッチ、最高齢ボンドガールはだてじゃなかった

ねとらぼ 9月9日(金)15時5分配信

 「マレーナ」「マトリックス・リローデッド」「マトリックス・レボリューションズ」などで知られる伊女優モニカ・ベルッチが、Instagram上でParis Match紙に掲載されたヌード写真の一部を公開。51歳とは思えない美しさに欧州各紙では「セックスアピールをまったく失っていない」と絶賛されています。

【Paris Match紙に掲載された写真の一部】

 写真の中でベルッチは極薄手の白のブラウスを羽織ったままプールで泳いでおり、水にぬれるとむしろ何も着ていないよりもセクシーさが際立つという巧妙さ。これがアラフィフだなんて……。

 ダニエル・クレイグ主演の2015年映画「007 スペクター」では、はじめてジェームズ・ボンドよりも年上の史上最高齢ボンドガールに抜てきされ話題になったベルッチ。サム・メンデス監督の「若く見せるのではなく年齢そのままの美しさを撮りたい」という意図に共感して撮影に挑んだ彼女は50歳でしたが、「イタリアの宝石」と呼ばれるゆえんを見せつける結果となりました。

 39歳と45歳のとき、元配偶者の仏俳優ヴァンサン・カッセルとの第1子・第2子を妊娠中だったベルッチは、英Vanity Fair誌イタリア版でマタニティヌード・マタニティフォトを披露しています。これは未婚女性や同性愛者の人工授精を禁止するイタリアの法律に抗議をしたものでした。9月30日には52歳の誕生日を迎えるベルッチですが、一貫して美容整形などは肯定しない姿勢を示しており、その自然体で自由な美しさが多くの支持を集めています。

最終更新:9月9日(金)15時5分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。