ここから本文です

金沢駅前三和商店街で秋の味覚イベント サンマ千匹・ひやおろし味わう /石川

みんなの経済新聞ネットワーク 9月9日(金)18時0分配信

 JR金沢駅近くの「金沢駅前三和商店街」(金沢市本町2)で9月11日、秋の味覚を楽しむ「さんま・ひやおろし祭り」が開催される。(金沢経済新聞)

【パノラマVR】金沢駅近くの「駅前三和商店街」

 金沢駅兼六園口から約500メートル先、「日航ホテル金沢」(本町2)脇の路地を進むと同商店街がある。駅前という立地もあり飲食店街として栄えた商店街だったが、世代交代や時代の流れなど、さまざまな原因で加盟店が減少し衰退していた過去があった。しかし、北陸新幹線開業前後に若い世代が経営する個性的な飲食店が多く出店し、活気が戻りつつある。

 昨年「金沢市商店街プレミアム商品券」の販売を機に金沢市商店街連盟に初加盟。金沢商工会議所がイベント費用の一部を助成する「商店街イベントチャレンジ応援事業」を活用し、老舗から革新的な店までそろう「大人の美食街」を広くアピールしようと、若い店主たちが中心となって初の商店街活性イベントを運営する。

 約200メートルの車道を歩行者天国にし、道路脇に炭火を並べて1000匹のサンマを焼く。焼きたてのサンマは1匹200円で販売。市内の酒造会社「福光屋」(石引2)が、冬から春に搾られ火入れした新酒を夏の間蔵で貯蔵し、秋に火入れをせず生詰めする「ひやおろし」数種類を提供。金沢駅前三和商店街振興会に加盟する飲食店も自店舗前でお酒に合う料理やイベントのためのオリジナルメニューを提供する予定。

 同商店街振興会会長の安久豊司さんは「一つ一つの店は知っていても、足を運びやすい駅前にこんな商店街があることを多くの方に知ってもらいたい。この機会に商店街の魅力や行ったことのない店を知るきっかけになれば」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は11時~17時。開催前日まで商店街各店で前売り券を1,000円で販売している。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月10日(土)11時4分

みんなの経済新聞ネットワーク