ここから本文です

才能って何だ?なんのために音楽を作る?「未来の僕らのためのソナタ」1巻

コミックナタリー 9/9(金) 16:04配信

「変態王子と笑わない猫。」のさがら総が原作を、わかさまが作画を担当する「未来の僕らのためのソナタ」1巻が本日9月9日に発売された。

「未来の僕らのためのソナタ」は月刊ドラゴンエイジ(KADOKAWA)にて連載されている、音楽を題材にした青春ストーリー。自分にはピアノの才能があると思っていた少年・風野詠一は、圧倒的な実力を持つ少女に出会い「もう二度と自分を信じない」と音楽から身を引き空虚な日々を送っていた。そんな彼が、音楽投稿サイトで流すための曲作りを同級生に依頼されたことから物語は動きだす。カバー下には、原作者さがらによる第1話の脚本を収録。また1巻発売に合わせてPVが制作され、YouTubeにて公開されている。

とらのあな、ゲーマーズ、メロンブックス、アニメイト、WonderGOOでは購入者に別々の特典を配布。詳細は購入予定の各店にて確認を。

最終更新:9/9(金) 16:04

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]