ここから本文です

高畑淳子 裕太釈放に「ご迷惑を…」と謝罪

デイリースポーツ 9月9日(金)19時40分配信

 強姦致傷容疑で逮捕され、群馬県警前橋署に勾留されていた俳優の高畑裕太(22)が9日、釈放された。前橋地検は同日付で高畑を不起訴処分とした。被害女性との示談が成立したとみられる。母で女優の高畑淳子(61)は同日、都内で主演舞台「雪まろげ」(9月24日初日)のけいこに参加。終了後、報道陣を前に謝罪の言葉を述べた。裕太への一言を求める問いかけには答えなかった。

【写真】釈放され、大きな声で絶叫して謝罪する高畑裕太

 午後7時半ごろ、けいこを終え、集まった報道陣の前に姿を見せた淳子は全身黒い服で、こわばった表情。2度、深々と頭を下げ、「ご迷惑をおかけしまして、申し訳ございませんでした。今回のことは弁護士の方から補足説明という文書(※青年座のHPにも掲載)がいっていると思いますので、私が何かコメントすることは控えさせていただきます。本人も入院いたしますので自宅には戻りません」と言葉を発した。

 報道陣から「裕太さんには何と声を?」と問いかけられたが応じず、無言で車に乗り込んだ。

 高畑は8月23日に逮捕され、淳子は8月31日に前橋署で裕太容疑者と3度目の面会をしている。

 高畑は9日、所属する「石井光三オフィス」を解雇された。所属先がなくなったため、母・淳子が所属する劇団青年座HPに「高畑淳子長男、裕太の事件についての弁護団の説明」として高畑の弁護人のコメント(説明文)が掲載された。

 弁護人は「高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高い」「仮に起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われる事件であります」などと主張している。

 弁護人の説明によると、高畑は心身ともに不調をきたしており、しばらくの間入院するという。

最終更新:9月9日(金)20時22分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。