ここから本文です

米政府、初代の情報セキュリティ責任者を任命

ロイター 9月9日(金)18時1分配信

[ワシントン 8日 ロイター] - 米ホワイトハウスは8日、初代の連邦最高情報セキュリティ責任者(CISO)に空軍の退役准将であるグレゴリー・トゥーヒル氏を任命したことを明らかにした。同氏は現在、国土安全保障省の副次官補(サイバーセキュリティ・通信担当)を務めている。

オバマ大統領は2月、190億ドルのサイバーセキュリティ予算案とともにこのポストの設置を発表していた。

政府のネットワークと重要なインフラをサイバー上の脅威から守ることが任務という。関係筋によると、月内にも就任する見通し。

最終更新:9月9日(金)18時1分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。