ここから本文です

渋谷マークシティにアディダスの限定ギャラリー 新ウエア「Z.N.E」アピール /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月9日(金)19時24分配信

 渋谷マークシティ(渋谷区道玄坂1)1階マークイベントスクエアに9月9日、スポーツブランド「アディダス」の体験型ギャラリー「FIND FOCUS LOCKER ROOM」がオープンした。(シブヤ経済新聞)

「Z.N.E.」のフーディーとロングパンツを着たクルム伊達公子さん

 今月7日に発売した、「アディダス パフォーマンス」内の「アディダスアスレチクス」の新ウエア「Z.N.E.(ゼット・エヌ・イー)」をアピールする同企画。「Z.N.E.」は「Zero Negative Energy」の略で、スポーツ選手が試合前に着ることを想定して集中するサポートをするために約2年かけて開発した商品になる。

 注力商品はフルジップパーカ(フーディー)。フードは騒音などを軽減するため厚みのある二重構造や目深にかぶれるデザインを採用したほか、「独り言などを探られないよう」口元が隠れる襟元の高い首回りを採用したジップ付きのサイドポケットなどが特長。価格は、メンズ=1万2,990円、レディス=1万1,900円。

 ギャラリー内はキーカラーの白で統一。ロッカールームをイメージした空間に、サッカーの香川真司選手、内田篤人選手、テニスのクルム伊達公子選手、野球の坂本勇人選手、EXILEの白濱亜嵐さんのロッカーを用意。各ブースは、スマートフォンなどでフラッシュ撮影すると、光に反応するインクで描いたそれぞれの「勝負前の無になる秘けつ」が写る仕掛けになっている。一角には、ロッカー型のフォトブースも設置する。商品は展示のみで同所では販売しない。

 初日のオープン前には、テニスプレーヤーのクルム伊達公子さんをゲストに招きオープニングイベントを開催。「無になること」について「アスリートにとって極限であり、追い求めるところ」とその重要性を話した。同じ手にスプレーヤーとして、先日、全米オープンで世界ランキング2位の英アンディ・マリー選手に勝利した錦織圭選手の「強み」を聞かれると「気持ちの切り替えがうまい」と言い「今回の勝利で異次元にいってしまった」と称賛した。

 同社は「Z.N.E.」をアスレチクスの「中核を担うブランドにしたい」考えで、現在売り上げの中心となっているジャージーと「2本柱となるよう育てていきたい」という。

 開催時間は11時~19時。入場無料。今月11日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月9日(金)19時29分

みんなの経済新聞ネットワーク