ここから本文です

大阪マラソン招待選手“ホープ枠”に元箱根ランナーの新庄ら

スポーツ報知 9月9日(金)16時19分配信

 大阪マラソン組織委員会は9日、10月30日に開催される「第6回大阪マラソン」(報知新聞社後援)の招待選手、ゲストランナーを発表した。

 招待選手は第2回大会の優勝者で今年のリオデジャネイロ五輪モンゴル代表のセルオド・バトオチル(34)=NTN=、昨年の男子優勝者のダニエル・コスゲイ(30)=ケニア=、リオ・パラリンピック代表の近藤寛子(49)=滋賀銀行=、女子で昨年、一昨年に日本人トップの2位となった吉松久恵(36)=周南市職員=ら23人。

 招待選手のうち5人は「将来マラソンで活躍が期待できる選手の育成」を目的とした「ホープ枠」として、箱根駅伝出場経験のある新庄浩太(26)=NTT西日本=らが決定した。

 また、ゲストランナーには1964年の東京五輪代表で元世界最高記録保持者の寺沢徹さん(81)、ウルトラマラソン(100キロ)世界記録保持者の砂田貴裕さん(42)の2人が決定した。

最終更新:9月9日(金)16時19分

スポーツ報知