ここから本文です

IKEA(イケア)、結局韓国でもリコール

WoW!Korea 9月9日(金)15時12分配信

米国で乳児6人の死亡事故を起こしたIKEA(イケア)のチェストが結局韓国でもリコールを実施する。製品ラインナップのうち15品目が対象だ。

 他の家具ブランドもそのため影響を与えた。韓国国家技術標準院はIKEAなど7社27個のチェスト製品が自発的リコールを実施することにしたと9日、明かした。

 今回問題となった製品群は技術標準院で向けた予備安全基準が重さ23キロを載せて実験したときに、破損したり倒れたりする結果を見せた。23キロは米国材料試験協会が設けた基準で、5歳児の平均体重に該当する。

 特にリコール製品のうち7製品はすべて引き出しを開けるだけでも倒れたと技術標準院は説明した。

 リコール対象企業には国内外のブランドがすべて含まれた。IKEAをはじめEMONS、iloom、BORNEOなどのブランドがそれぞれ製品をリコールする。

 これらの企業はリコール対象製品を流通店舗で直ちに販売中止・撤去し、すでに販売された製品は修理・交換・返金措置する計画だ。

最終更新:9月9日(金)15時12分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。