ここから本文です

ロッテ創業者、きょう午後に2次訪問調査=韓国検察

WoW!Korea 9月9日(金)15時36分配信

ロッテグループ経営不正を捜査中である韓国検察が9日午後、グループ創業者である重光武雄(韓国名:シン・ギョクホ、93)氏に対する2次訪問捜査に乗り出した。

 ソウル中央地検ロッテ捜査チームはこの日午後、武雄氏が滞在中のロッテホテル(ソウル市・中区)34階の執務室に検事3人と捜査官2人などを送り、武雄氏を調査した。

 検察は前日と同じ場所で1次調査を実施したが、武雄氏の健康状態によりすべての調査を終えることができなかった。

 武雄氏の弁護人によると前日、武雄氏は2時間以上の調査により血圧が上昇し疲労を訴えたため、検察の質問にすべて回答できなかった。

 武雄氏は調査で「わからない」、「思い出せない」と述べ、自分の容疑を否認したことがわかった。

 なお検察は、秋夕(旧盆)連休後に経営不正のトップにいる重光昭夫(韓国名:シン・ドンビン、61、ロッテグループ創設者の次男)ロッテグループ会長も被疑者身分で調査する計画だ。

最終更新:9月9日(金)15時36分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。