ここから本文です

西武園ゆうえんち「SMAPデビュー祝25周年パーティー」中止もファン続々、駅には告知張り紙も

スポーツ報知 9月9日(金)17時0分配信

 SMAPデビュー25周年となった9日、開催が見送られたファン有志による記念イベント「SMAPデビュー祝25周年パーティー」の開催見送りを告知する張り紙が、西武池袋線「西武球場前」駅に張り出された。

 張り紙は「SMAPデビュー祝25周年パーティー見送りについて」というタイトルで「2016年9月9日(金)は西武園ゆうえんちにおいてSMAPに関するイベントの実施はございません。ご来園の際は間違えのないようご案内申しあげます」との文面だった。

 SMAPは1991年9月8日にデビューイベントを開催し、翌9日にCDデビュー。2011年には20周年記念イベントも行われた。そして今年は25周年イベントをファン有志が開催する予定だったが、同遊園地は8月18日に「本イベント開催にあたり、さまざまな課題があり、それを解消することは困難であることから、本イベントをお受けすることは、見送らせていただきました」とリリースを出していた。

 この日のイベントは開催見送りとなったが、それでも朝からファンが続々と“聖地巡礼”に押し寄せ、入場券売り場も混雑。ファンたちはグッズなどを手に記念撮影などして、グループの記念日を祝っていた。

 またツイッター上には、ハッシュタグ「#SMAPデビュー祝25周年」で、ファンがツイートを行っていた。

最終更新:9月9日(金)17時0分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。