ここから本文です

実写にしか見えない3DCG美少女「Saya」が進化 「不気味の谷」を完全に打ち破る

ねとらぼ 9月9日(金)18時25分配信

 2015年10月にTwitterで公開され「実写に見える」と話題になった3DCG美少女「Saya」の、2016年版が公開されました。さらにリアルになり、なんだかどこかでお会いしたことがあるような気さえします。

【画像比較:2015年版の「Saya」】

 作成したのは、夫婦でCGを作成されている@mojeyukaさん。前回の発表後から届いたいろいろな反応を参考に、コツコツと改良を重ねてきました。「Saya」はムービーのために作成されたキャラクターで、動かすことも出来ます。既に動きのシステムも稼働しており、秋の展示会へのお披露目に向けて制作中とのこと。今後詳細なアナウンスがあるそうです。

 これを見たユーザーからは、「もう実際の人にしか見えない」「写真にしか見えない」「これ3DCGなんですか?」「めっちゃリアル」「もう、存在してる感じがある」といった声が寄せられていました。早く動いているところが見てみたいですね。

画像提供:@mojeyukaさん

最終更新:9月10日(土)0時1分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]