ここから本文です

神戸出身の坂本花織がSP首位発進 女王・真凜抑えた

デイリースポーツ 9月9日(金)21時52分配信

 「フィギュアスケート・ジュニアグランプリ日本大会」(9日、新横浜スケートセンター)

 女子SPが行われ、神戸市出身の坂本花織(16)=神戸ク=が完璧な演技で首位に立った。昨季のジュニア選手権女王・本田真凜(15)=関大中=は5位と出遅れた。

 16歳の坂本が連続3回転を含め、3つのジャンプすべてで加点を引き出した。2週間前のフランス大会でマークした自己ベストを1・5点以上塗り替え、スタンディングオベーションを起きた。これまで以上に食事に気を遣って体重を維持していると言い「このまま年明けまで頑張っていきたい。フリーは絶対ノーミス」と意気込んだ。女子フリーは11日に行われる。

最終更新:9月9日(金)22時20分

デイリースポーツ