ここから本文です

“観たいものを全部ぶつけた”「機動警察パトレイバー」新作のビジュアル公開

コミックナタリー 9月9日(金)18時31分配信

短編アニメ「機動警察パトレイバーREBOOT」のキービジュアルが公開された。

アニメ「機動警察パトレイバー」の新作として登場する「機動警察パトレイバーREBOOT」。監督の吉浦康裕、監修の出渕裕、脚本の伊藤和典からは、「元ファンとして、観たいものを全部ぶつけました!」「これがみんなの観たかった『パトレイバー』なんではないか…な? 俺はそう思う!」「再起動成功しました!」と、それぞれ期待を煽るコメントが到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

また10月15日より新宿バルト9、梅田ブルク7にて販売される劇場先行版Blu-rayと、10月26日にリリースされる特装限定版Blu-rayの特典画像も公開。劇場先行版には、アニメーションキャラクターデザインと作画監督を務めた浅野直之による修正作画集が付属する。また特装限定版に同梱されるコンテ・設定集には、吉浦康裕によるコンテと、浅野直之による設定画がすべて収録される。

「機動警察パトレイバーREBOOT」は、東京・新宿バルト9、大阪・梅田ブルク7にて10月15日から10月21日まで1週間限定で「劇場上映 ゴーゴー日本アニメ(ーター)見本市」にて上映。安野モヨコ原作のアニメ「オチビサン」「鼻下長紳士」などの12作と併せて公開される。

吉浦康裕コメント
元ファンとして、観たいものを全部ぶつけました!

出渕裕コメント
これがみんなの観たかった「パトレイバー」なんではないか…な?
俺はそう思う!

伊藤和典コメント
再起動成功しました!処理速度が30%向上しています!

「機動警察パトレイバーREBOOT」
原作:HEADGEAR
監督・絵コンテ・演出・撮影監督・編集:吉浦康裕
脚本:伊藤和典・吉浦康裕
キャラクター原案:ゆうきまさみ
アニメーションキャラクターデザイン・作画監督:浅野直之
メカニカルデザイン:出渕裕
CGI作画監督:松井祐亮
CGI 監督:小林学
色彩設計・色指定・検査:中内照美
美術監督:金子雄司
音楽:川井憲次
音響監督:山田陽(サウンドチーム・ドンファン)
監修:出渕裕
企画・エグゼクティブプロデューサー:庵野秀明
アニメーション制作:スタジオカラー

「劇場上映 ゴーゴー日本アニメ(ーター)見本市」
期間:2016年10月15日(土)~21(金)※1週間の期間限定
上映館:新宿バルト9、梅田ブルク7
料金:2000円

上映作品タイトル
13話「Kanon」(oはウムラウト記号付きが正式表記)
14話「SEX and VIOLENCE with MACHSPEED」
15話「おばけちゃん」
18話「オチビサン」
19話「I can Friday by day!」
21話「偶像戦域」
23話「鼻下長紳士回顧録」
24話「神速のRouge」
28話「ENDLESS NIGHT」
32話「新世紀いんぱくつ。」
34話「旅のロボから」
35話「カセットガール」
EXTRA「機動警察パトレイバーREBOOT」※新作

(c)HEADGEAR/バンダイビジュアル・カラー

最終更新:9月9日(金)18時31分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。