ここから本文です

エミリー・ブラント主演、不倫現場の目撃者が殺人容疑を掛けられるミステリー予告

映画ナタリー 9/9(金) 19:00配信

「ボーダーライン」のエミリー・ブラントが主演を務めるミステリー「ガール・オン・ザ・トレイン」の公開が決定。あわせて予告編がYouTubeにて解禁された。

英国作家ポーラ・ホーキンズのベストセラー小説をもとに、「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」のテイト・テイラーが映画化した本作。離婚後、傷心の日々を送るレイチェルは、通勤時の車窓から見える家に住む幸せそうな夫婦の姿を眺めては元夫と過ごした時間を思い出していた。そんなある朝、レイチェルはいつもの車窓から夫婦の妻の不倫現場を目撃。さらに、その女性が後日死体で発見されたことを知る。

目撃者として事件の真相に迫るレイチェルをブラントが演じるほか、「ミッション:インポッシブル/ローグネイション」のレベッカ・ファーガソン、「マグニフィセント・セブン」のヘイリー・ベネット、「ドラキュラZERO」のルーク・エヴァンス、「インランド・エンパイア」のジャスティン・セローらがキャスティングされた。

予告編では、レイチェルが涙目で「彼らは理想の夫婦よ」と語るシーンから始まる。続けて、事件に絡み尋問を受けるレイチェルや、彼女が語った理想の夫婦の姿が映し出される。事件前後の記憶がないと証言するレイチェルは疑惑の目を向けられ、次第に追いつめられていく。

「ガール・オン・ザ・トレイン」は、11月18日より東京・TOHOシネマズ みゆき座ほか全国でロードショー。



(c)Universal Pictures

最終更新:9/9(金) 19:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]