ここから本文です

「彼岸島 デラックス」がシッチェス国際映画祭へ、白石隼也から喜びの声

映画ナタリー 9月9日(金)19時1分配信

松本光司のマンガを原作とした実写映画「彼岸島 デラックス」が、現地時間10月7日からスペインで開催される第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭に出品されることがわかった。ホラー映画のカテゴリーであるミッドナイト・エクストリーム部門にて上映される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

白石隼也と鈴木亮平がダブル主演を務める本作は、吸血鬼伝説が残る孤島を舞台に、行方不明になった兄を捜しに島を訪れた弟とその仲間たちの脱出劇を描くアクションホラー。映画祭への出品を受け、白石は「端的に言えばドラキュラを相手に日本刀を使ってサムライのように戦う映画で、撮影をしている時から欧米の人達にウケるのではないかと密かに思っていました」とコメントを寄せている。

「彼岸島 デラックス」は10月15日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。同作へと続くドラマ「彼岸島 Love is over」が、MBS系で9月18日より、TBS系で9月20日よりオンエアされる。

※記事初出時より、鈴木亮平のコメントを追加しました。

白石隼也 コメント
端的に言えばドラキュラを相手に日本刀を使ってサムライのように戦う映画で、撮影をしている時から欧米の人達にウケるのではないかと密かに思っていました。
それもあのシッチェス映画祭。カタルーニャの方々に楽しんで頂けたら幸いです。

鈴木亮平 コメント
彼岸島デラックスがスペインの地で上映されるなんて! 「でかした!」としか言いようがありません。この日本風の吸血鬼の物語を、吸血鬼の本場ヨーロッパのお客様がどう受け取るのか、今からとても楽しみです。とにかく規格外の、デラックスな興奮をスペインの皆さんにお届けして来てほしいと思います。

渡辺武 コメント
日本のてんこ盛りB級アクションムービー! スペイン人もビックリだよね。



(c)2016「彼岸島」製作委員会

最終更新:9月9日(金)19時19分

映画ナタリー