ここから本文です

DAOKO「もしも僕らがGAMEの主役で」MVでゲームキャラに扮して冒険へ

音楽ナタリー 9月9日(金)19時21分配信

DAOKOの新曲「もしも僕らがGAMEの主役で」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「もしも僕らがGAMEの主役で」は9月14日にリリースされるトリプルA面シングル「もしも僕らがGAMEの主役で / ダイスキ with TeddyLoid / BANG!」の表題曲の1つ。人生をゲームに見立て、日々の面白さや希望をつづった楽曲だ。MVはDAOKOがゲームを操作したり、キャラクターに扮して冒険をしたりと、楽曲の世界を表した映像に仕上げられている。

また同曲を使用したCygamesのコーポレートCMの映像もYouTubeにて公開された。この映像でDAOKOはナレーションも担当している。

最終更新:9月9日(金)19時21分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。