ここから本文です

熊田曜子、驚異の腰くびれ生披露…「横綱」から超絶ボディへの変貌秘技明かす

デイリースポーツ 9月9日(金)22時51分配信

 2人の子供を出産しながらも驚異のスタイルを維持していると話題のタレント・熊田曜子(34)が、9日放送のテレビ朝日系「金曜 ロンドンハーツ」(金曜、午後9・00)に出演。「横綱」と呼ばれたという高校2年時から、体重を10キロ以上減らしてスレンダーな体形を手に入れた経緯を明かした。

 番組で、Tシャツをまくしあげて、自慢の腰のくびれを生披露した熊田。日常生活で常に背筋を伸ばして姿勢を正し、目線を落とさないことで体が引き締まることを説明し「わたしデビューしてから1回も腹筋してないんですよ」と明かし、司会のロンドンブーツ1号2号や、大久保佳代子らを指導した。

 「体重は47キロ以下になると胸もなくなるので減らないようにしてます」と解説。番組では、体形がワーストだったという高校2年時の写真が紹介され、共演陣に「熊田部屋」と冷やかされるも、「いまより10キロ以上太ってますね」と告白する一方で、「一回太ったから胸もついて、そこからはサラシ巻いて走ったりしました。胸は揺らすと小さくなるんです」と説明した。

 共演した野呂佳代に、熊田は「いいもの持ってるのに人生もったいない。10キロやせたら、仕事もバンバン来るし、すごくモテるから人生変わる」とアドバイス。これに共演の女芸人勢から「私たちを不幸だと決めつけるな」と抗議を受けていた。

最終更新:9月10日(土)8時48分

デイリースポーツ