ここから本文です

「防弾少年団」SUGA、反抗児の魅力を強調したショートフィルム公開

WoW!Korea 9月9日(金)21時59分配信

人気アイドルグループ「防弾少年団」が、4番目のショートフィルム「WINGS Short Film #4 FIRST LOVE」を公開した。

防弾少年団のプロフィールと写真

 9日0時、Big Hitエンターテインメントの公式YouTubeチャンネルで公開されたこのショートフィルムでは、先月「Agust D」という名義でソロミックステープを公開して熱い反応を得たSUGAが主人公として登場し、ピアノに関わるエピソードを公開してファンの好奇心を高めた。

 映像はこれまでのショートフィルムのようにRAP MONSTERの低音の英語でのナレーションから始まる。SUGAは、もの静かな夜の通りでショーウィンドウにあるピアノの前を行ったり来たりしながら、結局、石を投げてガラスを割って中に入っていく。しばらくピアノを弾いたSUGAは、どこからか聞こえる口笛に誘われるように店の外に出ていく。誰もいない車道で1台の自動車が全速力で突っ込んできて、SUGAは素早く身をよける。

 再びピアノ店を訪れたSUGAは、ピアノと衝突して壊れた車と燃えるピアノを見つける。これを眺めるSUGAの後ろ姿を背景に、映画のOSTような切なさを誘うストリング演奏が加わって長い余韻を残す。

 この日公開された2nd フルアルバム「WINGS」の4番目のショートフィルム「FIRST LOVE」は、これまで公開された映像の中で最もシンプルな構成だった。SUGAは本来のカリスマをやや抑え、ラッパーらしい反抗的な魅力を見せ、新しい姿で演技に挑戦した。

最終更新:9月9日(金)21時59分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。