ここから本文です

マカヒキ、凱旋門賞前哨戦は4番枠(馬番5)…シダーブルー回避で5頭立てに

スポーツ報知 9月9日(金)19時38分配信

 11日に凱旋門賞・G1(仏シャンティイ競馬場・芝2400メートル)と同じ舞台で行われる前哨戦、ニエル賞・G2の枠順が9日、決まった。日本ダービー馬マカヒキ(牡3歳、友道厩舎)は4番枠(馬番5)からの発走となった。なお、シダーブルー(仏)が回避し、5頭立てとなった。

 マカヒキはこの日、ラモルレー調教場(ダートコース)でハッキング2000メートルの調整を行った。友道調教師は「水曜の追い切りの疲れをとりました。変わりなく、いい状態をキープしています」とコメントした。

最終更新:9月25日(日)16時59分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]