ここから本文です

正恩氏の精神状態は「制御不能」 北核実験を批判=朴大統領

聯合ニュース 9月9日(金)22時42分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は9日、北朝鮮が5回目の核実験を強行したことについて、「権力を維持するために周辺国の忠告に耳を貸さない金正恩(キム・ジョンウン、朝鮮労働党委員長)の精神状態はコントロール不能とみなければいけない」などと述べ、激しく批判した。

 ラオス訪問を早めに切り上げ、同日夜に帰国した朴大統領はすぐに関係閣僚らとの安保状況点検会議に臨んだ。会議では、北朝鮮の核実験について「今年に入り2度目の核実験は国際社会に対する全面的な挑戦とみなすしかない。われわれと国際社会の我慢は限界を越えている」と述べた。

 今後の北朝鮮への対応に関しては、核の脅威が差し迫ったことを指摘しながら「これまでと大きく変えなければいけない」と、さらに強硬姿勢で臨むことを示唆した。

 閣僚らには北朝鮮のさらなる挑発に備え、万全の態勢を取るよう指示した。

最終更新:9月9日(金)22時45分

聯合ニュース