ここから本文です

西炯子が描く新たなアラフォーの恋愛&中年童貞とJCの物語、1巻同時発売

コミックナタリー 9月9日(金)21時47分配信

「娚の一生」「姉の結婚」で知られる西炯子の新作「初恋の世界」「たーたん」の各1巻が、本日9月9日に同時発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

月刊flowers(小学館)にて連載中の「初恋の世界」は、気づいたら独身のまま40歳を迎えていたライフスタイル提案型カフェの店長・小松薫を主人公に、新たなアラフォーの恋が描かれる。一方の「たーたん」は童貞の中年男・上田と、彼と一緒に暮らす中学生女子・鈴の物語。ビッグコミックオリジナル(小学館)に掲載されており、西にとって青年誌での初連載作だ。

また同時発売を記念し、抽選で100名に500円分の特製図書カードが当たるキャンペーンを展開中。気になる人は「初恋の世界」「たーたん」各1巻の帯についている応募券、また月刊flowers11月号、12月号、ビッグコミックオリジナル18号、19号、20号、21号に付属する応募券を2枚組み合わせて応募しよう。なお雑誌の応募券同士の組み合わせでは応募できないため、注意が必要。詳細は単行本の帯にて確認を。

最終更新:9月9日(金)21時47分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。