ここから本文です

【巨人】長野“プレーボール弾”3発快勝で広島のV阻止!さあ、東京D決戦

スポーツ報知 9月9日(金)21時12分配信

◆ヤクルト2―5巨人(9日・神宮)

 巨人が意地を見せ、この日の広島25年ぶりの優勝を阻止した。

 負ければ、この日試合のない広島のVが決まってしまう大事な一戦の先発は3年前、広島からFA移籍の大竹寛。古巣に恩返しの好投を誓い、マウンドへ。

 初回、前日の試合で今季初めてスタメンから外れた長野がデイビーズの初球、甘いストレートを一振り。バックスクリーンに飛び込む先頭打者ホームランでいきなり先制した。 さらに亀井も左前打、1死後、阿部も左前打で1死一、二塁とすると、村田がデイビーズのストレートをすくい上げ、左翼席に飛び込む19号3ラン。巨人打線が試合開始7分で4点を奪って見せた。

 3回、1死満塁のピンチを背負った大竹寛が、バレンティンを投ゴロ併殺に打ち取ると、4回1死後、亀井がヤクルトの2番手・中澤の高めのスライダーを一振り。右翼席に飛び込む3号ソロで1点を加えた。

 6回、ヤクルト3番手・近藤一を攻める巨人。先頭の長野が四球。1死後、ギャレット三振の際、盗塁と捕手の悪送球で長野は三塁へ。阿部が四球、村田が死球で2死満塁としたが、クルーズが左飛に倒れた。

 その裏、大竹寛は2死を取った後、この日の100球目をバレンティンに右翼席に運ばれる27号ソロ。1点を返された。

 大竹寛は7回4安打1失点の好投でマウンドを下り、8回はマシソンがピシャリ。9回、沢村がバレンティンに、この試合2発目となる28号ソロを浴びたが、ヤクルトの反撃もここまで。5―2で快勝した巨人。10日、東京ドームで広島を迎え撃つ。

最終更新:9月9日(金)23時3分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]