ここから本文です

ヘルマン岡本洋平、喉の腫瘍治療のため11月のビルボード公演中止に

音楽ナタリー 9月9日(金)22時22分配信

Hermann H.&The Pacemakersの岡本洋平(Vo, G)が喉の腫瘍治療のため活動を休止。これに伴い、11月22日に東京・Billboard Live TOKYOで開催を予定していたワンマンライブが中止となることが発表された。

岡本は以前より喉に違和感を感じており、精密検査を受けたところ腫瘍が発見されたという。岡本が完治に向けて当面治療に専念するため、バンドの活動はしばらくの間休止となる。なお開催中止となったBillboard Live TOKYO公演のチケットは、各販売先で払い戻しを受け付けている。

Hermann H.&The Pacemakers コメント
Hermann H.&The Pacemakersを応援してくれている皆様へ

平素よりHermann H.&The Pacemakersの活動にお力添えを頂きありがとうございます。

この度、ボーカル&ギターの岡本洋平は、以前から感じていた喉の違和感に対し精密検査を受けた結果、腫瘍があることが判明しました。そして、現状では歌うのが困難という医師の診断を受け、しばらく治療に専念することになりました。

それを受け本人、メンバー、スタッフの協議の結果、11月22日に開催を予定していたビルボードライブ東京の公演の中止を決断致しました事を合わせてご報告させて頂きます。

楽しみにして頂いていた皆様、そして関係者の皆様には大変なご迷惑とご心配をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。

なお、Hermann H.&The Pacemakers及び岡本洋平の今後の活動は、治療を優先し完治するまで未定とさせて頂きます。

大変心苦しい決断ではございますが、皆様のご理解とご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

Hermann H.&The Pacemakers
メンバー&スタッフ一同

最終更新:9月9日(金)22時22分

音楽ナタリー