ここから本文です

北村総一朗、プロポーズはベッドで正座で

スポーツ報知 9月9日(金)21時20分配信

 俳優の北村総一朗(80)が9日、大阪・カンテレで放送されたトーク番組「快傑えみちゃんねる」(金曜・後7時、関西ローカル)に出演。妻で女優の磯辺万沙子(59)との結婚に至ったエピソードを語った。

 北村が50歳の時、肝炎を患った。独身で身の回りの世話をしてくれる人もいないので、劇団の後輩である磯辺に、自分の部屋の見取り図を描いて、必要なものを届けてもらったという。「彼女は毎日のように来てくれたんです。『この人だな! 結婚するのは』と思ったわけ。退院の時に『結婚してくれ』と言いました」

 すると、すぐに磯辺の母親が訪れ、北村はベッドの上に正座して「娘さんをいただきます」と申し出て、許しを得たことを語った。

 北村は今月25日に誕生日を迎えるため、22歳差の夫婦だが「僕が精神的に幼稚なのか全然うまくいくんですよ。いまだにちゃんとチューもするしね。ハグもするし、『愛してる』とも言うし」とアツアツぶりをアピールしていた。

最終更新:9月9日(金)21時20分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。