ここから本文です

ナユタン星人×寺田てら「メダ子さん」と伊十楽「毒頭」、別マガでW新連載

コミックナタリー 9月9日(金)22時36分配信

ナユタン星人原作による寺田てらの新連載「メダ子さんの恋スル侵略計画」と、「天啓のアリマリア」で知られる伊十楽の新連載「毒頭」が、本日9月9日発売の別冊少年マガジン10月号(講談社)にてスタートした。

ナユタン星人は主にニコニコ動画で活動するボカロP。「メダ子さんの恋スル侵略計画」のヒロイン・アンドロメダ子は、ナユタン星人が作る楽曲に登場するキャラクターだ。同作では謎の多いメダ子のスクールライフが描かれていく。

一方、「毒頭」は若者を中心に出回っている人体改造系非合法ドラッグをめぐるクライムアクション。とんでもなく怪力な男子学生の金剛は、麻薬取締官の青年とともに悪魔のドラッグに立ち向かう。

このほか今号にはめいびい「かつて神だった獣たちへ」のマグネットが付属。なお10月8日発売の11月号では赤松健「UQ HOLDER!」の移籍連載が開幕する。

最終更新:9月9日(金)22時36分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。