ここから本文です

高畑裕太が釈放後に心身不調で入院、弁護士は「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった」

スポーツ報知 9月10日(土)5時4分配信

 前橋市内のビジネスホテルで40代の女性従業員への強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された俳優・高畑裕太(22)が9日午後、前橋署から釈放された。報道陣を前に、深々と頭を下げて謝罪。この日までに被害者女性との示談が成立し、不起訴処分になった。この件を受け、高畑の弁護士は「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった」と主張した。高畑は心身の不調を来しているため、しばらくの間、入院するという。

 午後2時20分過ぎ、白いシャツは第1ボタンまで締め、グレーのスラックス姿の高畑は「この度は、多大なる迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と大きな声を張り上げ、約30秒間頭を下げた。目を充血させ、半ば放心状態。口を真一文字に結ぶと、報道陣をにらみつけるように鋭い視線を向け、無言で迎えのワンボックスカーに乗り込んだ。担当弁護士によると、心身共に不調を来しているため、しばらくの間、埼玉県内の病院に入院するという。

 逮捕から17日で急展開を迎えた。高畑は、前橋署に身柄を勾留されて取り調べを受けていたが、高畑の弁護士によると、9日までに被害者女性との間で示談が成立したという。互いの弁護士同士でどのような話し合いが行われたか、示談金の有無や金額については不明だ。前橋地検はこの日、高畑を不起訴処分にしたが、処分理由を明らかにしていない。

 高畑の弁護士事務所は報道各社にファクスを送付し、事件について説明した。「他の関係者の話を聞くことができていないので、事実関係を解明することはできていない」としながらも、「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった。仮に起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件」と訴えた。

 高畑は先月23日、前橋市内のビジネスホテルで、歯ブラシを届けるように40代の女性従業員を自室に呼び出して、無理やり部屋に連れ込み、乱暴した疑いで逮捕された。女性は右手首関節打撲などの軽傷を負ったが、高畑の弁護士は「事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く、少なくとも、逮捕時報道にあるような、電話で『歯ブラシを持ってきて』と呼びつけていきなり引きずり込んだ、などという事実はなかったと考えている」とし、この点については事実に反すると主張した。

 群馬県警によると、高畑は調べに対し「欲求を抑えきれなかった」と供述。計画性については「企てていません」と否認していた。

最終更新:9月10日(土)5時4分

スポーツ報知

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。