ここから本文です

広島カープ・レプリカスーツが限定50着で緊急発売、9万8000円でも完売の勢い

スポーツ報知 9月10日(土)6時4分配信

 プロ野球セ・リーグで25年ぶりの優勝へマジック1としている広島カープの地元・広島市に2店舗を展開する百貨店「福屋」は、カープナインが試合移動の際などに着用しているスーツを8日に緊急発売した。過去30年以上にわたってカープにスーツを提供している同社だが、一般販売に踏み切ったのは史上初。優勝特価でイージーオーダーながら9万8000円(税込み)。限定50着は早くも完売の勢いだ。また、市内の百貨店は優勝セールへさまざまな企画を用意している。

【写真】カフスにはニシキゴイのイラストが描かれている

 レプリカユニホームは当たり前。真の広島ファンを自称する男性ならば、何としてでも袖を通したい「カープレプリカスーツ」が地元百貨店で販売されている。

 福屋八丁堀本店の紳士服店「メルボクラブ」の金平真幸さんによると、8日から店頭での受注を開始したが、既に9日夕時点で限定50着のうち約30着が売れる超人気となっている。

 スーツの外見はカープナインがシーズン中の遠征時の移動などの際に着用しているものと基本的に同じだが、ファン向けの商品ということで、より分かりやすい「カープ仕様」とする工夫も。真っ赤な裏地にはうっすらと「CARP」のロゴが浮かぶ。また、無料オプションでフラワーホール(左襟の穴)とカフスのステッチをレッドに変えられるほか、ニシキゴイなどがデザインされた薩摩焼カフスボタン(1個2500円・限定20個)も用意されている。

 偶然にも、工場に50着分の生地が残っていたことで実現した今回の企画。金平さんは「お客様からは『黒田とおそろいのスーツなら買わないけんじゃろ』と、熱いお言葉をいただいています。ぜひ実際に購入して着ていただき、選手になった気分を味わっていただきたいです」と話している。

 同百貨店では、スーツ以外にも優勝セールへの準備が着々と進められている。V決定翌日から7日間のセールを開催予定で、7度目の優勝にちなみ、700円の靴や700円のバッグなど激安商品が並ぶ。営業本部の中村真緒さんは「25年前の優勝を知る社員がみんな定年を迎えたりしたので、全国の百貨店さんに優勝セールのやり方を伺い、なんとか準備を進めてきました」。目玉商品は、監督と選手17人のサインが入ったノリタケ製の記念プレート5400円。ファンなら自宅にずっと飾りたい逸品は、限定2000枚だ。

 そごう広島店、広島三越、天満屋アルパーク店もV決定翌日からの7日間、選手や監督の背番号「79」にちなんだセールを行う。(北野 新太)

 ◆福屋(ふくや) 広島県内を中心として中国地方に13店舗を展開する百貨店。広島市内には旗艦店「八丁堀本店」と「広島駅前店」の2店舗がある。メインターゲットは30代以上の女性。1929年創立。45年の原爆投下で廃墟と化した本店は53年に全館復旧を果たす。2014年にはマツダスタジアムでカープ公式戦のスポンサードゲームを開催した。15年、広島市と包括提携協定を締結。

最終更新:9月10日(土)9時21分

スポーツ報知