ここから本文です

白鵬、12日に手術…右足親指の骨片除去

スポーツ報知 9月10日(土)5時5分配信

 秋場所で10年ぶりに全休する横綱・白鵬(31)=宮城野=が右足親指の骨片を除去する手術を受けると9日、明らかにした。手術は12日で翌日退院できる見通し。

 白鵬は都内の病院で「かけらみたいなものがある。そんきょをすると、中で(骨片が)泳いで痛みが出るんでしょうね」と説明した。白鵬は休場を表明した8日に「昨日(7日)の検査の結果で新たなものが見つかった」とコメント。9日にレントゲンやMRI(磁気共鳴画像)検査の結果を受けて治療方針を決めると示唆していた。

 この日は相撲協会に「左膝タナ障害、右母趾(ぼし)伸筋腱(けん)損傷、右足関節炎で今後4週間の加療を要する」の診断書を提出。休場が発表された。

最終更新:9月10日(土)5時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]