ここから本文です

自画像公開? こえ担当・櫻井孝宏が描いた“松原くん”

オリコン 9月9日(金)17時30分配信

 テレビ東京系ドラマ『こえ恋』(毎週金曜 深0:52)でいつも紙袋をかぶっている“松原くん”のすてきな声を担当している人気声優の櫻井孝宏が「松原くんの紙袋画」に挑戦。声で松原くんを演じている櫻井が描いたそれは、いまだ紙袋に覆われている松原くんの素顔に近いのだろうか、それとも?

ゆいことカオリの修羅場(?)をのぞき見する松原くん

 櫻井が描いた松原くんは妙に具体的。左目の下ホクロがあるのか? 二重なのか?と、想像をかきたてる。櫻井は「さわやかさを意識して、できるだけ闇を感じさせないように描きました(笑)」と話している。

 第8話で、松原くんの過去を知る幼なじみの女子・カオリ(川栄李奈)が突然現れ、物語も佳境に差し掛かる中、9日放送の第9話では、登場人物たちそれぞれの恋心が錯綜。ゆいこ(永野芽郁)は、風邪で学校を休んだ松原くんを見舞うため、初めて家を訪ねることに。緊張した指でインターホンを鳴らすと、家の中から出てきたのは松原くんの弟と、文化祭に来ていたカオリだった。一方、ゆいこの親友・あき(大友花恋)は、ゆいこの兄・恭士郎(白石隼也)に彼女がいることを知ってしまい…。

最終更新:9月9日(金)17時30分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。