ここから本文です

戸田れい、24枚目のDVDタイトルは『これからも。』「まだまだ出し続けます」

デビュー 9月9日(金)19時9分配信

 グラビアアイドルの戸田れいが8日、最新DVD『これからも。』の合同マスコミ取材会を東京Lilyで開催した。

【写真】戸田れいの別衣裳の写真

 24作目のDVDは3月にバリで撮影。作品については「DVDを観ている方が社長で、私が社長秘書という設定。社長の妄想の中ではSなキャラで誘惑しているんですが、現実世界ではHなところは一切ないという。妄想DVDです」と説明。

 小ぶりで形のいいヒップがチャームポイントのため、ジャケットでは振り向きのショットが多かったが、今回は「四つん這いになって、そのお尻を鏡に映すという形になっています」と新機軸。しかし「胸もお尻も見られて2度美味しいとなれば良かったんですが、胸が無いので…」と自虐的に笑った。

 DVDの紹介文には“白くてスレンダー”と書かれているものの、登場した戸田は小麦色。その訳は? 「DVDは半年前に撮った作品なんですが、この夏に江ノ島でインタビューのロケを3日間やったのと、サマーソニックで盛り上がったので真っ黒になっちゃって。事務所からは“戸田は焼けてもいいよ”って言われてるので焼いちゃいました。それが“似合う”という意味なのか、“どっちでもいい”という意味なのかは分かりませんが…」。

 『これからも。』というタイトルはどこか意味深。「これからもDVDを出してね!という要望なのかなって思ってます。来年2月で30歳になるので、いろいろ諦めてると思われがちなんですけど、まだまだ諦めてません。周りの友達に比べて“全然30に見えないね”って言われるので、若さを保とうと思っています!」と意気込んだ。

最終更新:9月9日(金)19時11分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。