ここから本文です

illion、初JAPAN TOURのライブ映像が公開

BARKS 9/9(金) 0:36配信

野田洋次郎(RADWIMPS)のソロプロジェクトであるillionのニューアルバム『P.Y.L』より、5lackを迎えた新曲「Hilight feat.5lack」が本日から世界110の国と地域で先行配信された。

◆関連画像

さらに、「Hilight feat.5lack」のアナログ7インチ盤が9月28日にリリースされることも決定した。デザイナー永戸鉄也の描き下ろしによるアートワークも発表されている。

また、7月に行われたillion初のJAPAN TOURより、同楽曲のライブ映像のShort Ver.も本日より公開された。超満員の新木場STUDIO COASTにて、5lackをゲストに迎えた貴重なライブ映像だ。

7”VINYL『Hilight feat.5lack』
2016年9月28日発売
HR7S029 ¥1,500(+税)
発売元:(株) ワーナーミュージック・ジャパン
販売元:(株) ローソンHMVエンタテイメント

side-A Hilight feat.5lack
side-B Hilight feat.5lack (Instrumental)

new album『P.Y.L』
2016年10月12日発売
■初回限定盤(CD+DVD+アートブック)
WPZL-31220/1 ¥3,500(+税)
※初回限定盤特典
・アートブック付スペシャルパッケージ仕様
・2013 年にロンドンで行われた初ライブの映像6曲
+2016年の東京公演1曲
+Music Clip4曲
+メイキング1曲が収録されたDVD付

■通常盤(CD)
WPCL-12431 ¥2,500(+税)
歌詞・対訳付
ボーナストラック「BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix]」収録
WARNER MUSIC JAPAN

【CD収録楽曲】
1. Miracle
2. Told U So
3. Hilight feat.5lack
4. Water lily
5. 85
6. P.Y.L
7. Dream Play Sick
8. Wander Lust
9. Strobo
10. Ace
11. BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix] ※bonus track

【DVD収録内容】※初回限定盤のみ
[Live show at London, O2 Shepherd's Bush Empire 2013]
1. BEEHIVE
2. LYNCH
3. γ
4. MAHOROBA
5. BRAIN DRAIN
6. GASSHOW

[Live show at Tokyo, STUDIO COAST 2016]
1. Water lily

[Music clip]
BRAIN DRAIN [Performed in Abbey Road Studios] MAHOROBA
BEEHIVE
Water lily
MAHOROBA [Music clip making]

配信情報
◎シングル「Hilight feat.5lack (Extended Version)」
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/hilight-feat.5lack-extended/id1147225338?app=itunes&at=10l6Y8
■レコチョク
http://recochoku.com/w0/illionhilightext/

◎アルバム『P.Y.L』
■iTunes(プレオーダー)
https://itunes.apple.com/jp/album/p.y.l/id1146883217?app=itunes&at=10l6Y8
※iTunes Store は米国及びその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iTunes Storeでは、一曲単位で購入した楽曲が含まれるアルバムを、差額分で購入できる「コンプリート・マイ・アルバム」サービスを利用できます。購入済みの曲が含まれるアルバムをダウンロードする時に、先に入手(購入)していた楽曲分を安く購入ことができますが、配信シングル「Hilight feat.5lack (Extended Version)」は、アルバム収録曲「Hilight feat.5lack」とは内容が異なる楽曲の為(これら2曲はヴァージョンが異なる楽曲であるため)、「コンプリート・マイ・アルバム」の適用対象外となりますのでご注意ください。

最終更新:9/9(金) 0:36

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]