ここから本文です

映画『変態だ』EDテーマ曲は、みうらじゅん×GLIM SPANKY亀本によるヘヴィメタル

BARKS 9月9日(金)12時48分配信

企画・原作=みうらじゅん、監督=安齋肇、主演=前野健太による話題の映画『変態だ』(12月10日公開予定)のエンディングテーマ曲を、GLIM SPANKYのギタリスト・亀本寛貴が自身初の書下ろし作品として提供している。

◆GLIM SPANKY 画像

亀本が作曲したのは、“骨の髄まで響く”というへヴィメタルなナンバー、「Kill Bear」だ。さらに同曲では、みうらじゅんが作詞を手がけ、主演の前野健太とともにボーカルも担当。本映画『変態だ』でしかなしえないコラボが実現した。

なお、先日、GLIM SPANKYも出演した福岡の<サンセットライブ>で、みうらじゅん・安齋肇率いる「勝手に観光協会Z」が「Kill Bear」を初披露し、会場を興奮で包み込んだ模様である。

【楽曲情報】
「Kill Bear」
歌:みうらじゅん、前野健太
作詞:みうらじゅん
作曲:亀本寛貴(GLIM SPANKY)

【映画情報】
映画『変態だ』
出演:前野健太、月船さらら、白石茉莉奈 他
監督:安齋 肇
企画・原作:みうらじゅん(原作「変態だ」小説新潮掲載)
脚本:みうらじゅん、松久淳
制作:ドラゴンフライエンタテインメント
配給:松竹ブロードキャスティング アーク・フィルムズ
2015/日本/75分
(c)松竹ブロードキャスティング
公式サイト:hentaida.jp

【物語】
一浪の末、都内の二流大学に進学した男(前野健太)。特別な才能があるわけでもない普通の男は、偶然入ることになったロック研究会でのバンド活動を契機に、ミュージシャンとしての道を歩みだす。やがて結婚し、妻(白石茉莉奈)と生まれたばかりの息子とのごくごく普通の家族生活を送っているが、実は学生時代から続く妻以外の女・薫子(月船さらら)との愛人関係を断てずにいた――。

最終更新:9月9日(金)12時48分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。