ここから本文です

ドノヴァン、ジョン・レノン・リアル・ラブ・アワードを受賞

BARKS 9月11日(日)17時5分配信

ドノヴァンが12月にニューヨークで開かれる第36回ジョン・レノン・トリビュート・コンサートで、ジョン・レノン・リアル・ラブ・アワードを受賞することが発表された。

同アワードはこれまで、フォトグラファーのBob Gruen(2014年)、脚本家・活動家のEve Ensler(2015年)に贈られており、ドノヴァンが3人目となる。

公演の開催者Theatre Withinのエグゼクティブ・プロデューサーは、「ドノヴァンの作品は雄弁で、ファンやアーティストに愛され、彼らに大きな影響を与えています。彼はまた、ザ・ビートルズにとってだけでなく西洋文化にとっても重要な時期にザ・ビートルズと行動を共にしていました」と『Billboard』誌に話した。

ヨーコ・オノは、「ドノヴァンは、ジョンのポジティブな影響を受けた美しいソウルの持ち主。Theatre Withinがジョン・レノン・リアル・ラブ・アワードで彼を称え、このトリビュートが繁栄し続けるのは素晴らしいこと」とコメントしている。

1981年にスタートしたジョン・レノン・トリビュート・コンサートは、今年はドノヴァンをスペシャル・ゲストに迎え、12月2日ブロードウェイにある劇場Symphony Spaceで開かれる。今後、さらなる出演アーティストが発表される。ドノヴァンは早くもザ・ビートルズやレノンの曲をプレイする準備を始めたという。

同公演にはこれまで、ジャクソン・ブラウン、デビー・ハリー、ベン・E・キング、シンディ・ローパー、パティ・スミスら多くのアーティストが出演している。

Ako Suzuki

最終更新:9月11日(日)17時5分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。