ここから本文です

【東京株式市場】あっという間に現実味を帯びてきたポケモノミクス相場第2弾

投信1 9月9日(金)6時0分配信

株式市場の振り返り-小幅続落となるも、一部の値嵩株に買いが集まる

2016年9月8日(木)の東京株式市場は続落となりました。日経平均株価は前日比▲0.3%の下落、TOPIXも▲0.3%の下落で引けています。また、新興株式市場の東証マザーズ総合指数も▲0.4%下落し、9日ぶりの反落となりました。

日経平均株価は、前日比▲28円安で寄り付いた後、前場は狭い価格レンジ内での静かな値動きとなりました。しかし、後場に入って暫くすると様相が一転、一時▲175円安まで急落します。その後は再び切り返しますが、大引けは▲53円安の16,958円で終わりました。4日ぶりに終値で17,000円を割り込んでいます。

東証1部で上昇したのは860銘柄、値下がり923銘柄、変わらず190銘柄でした。東証1部の出来高は16億7,242万株、売買代金は2兆1,925億円(概算)となっています。出来高は前日を大きく下回る低水準でしたが、値嵩株の売買が増えた結果、売買代金は逆に前日を上回る結果となりました。

セクター動向と主要銘柄の動き-またしても任天堂株が急騰、金融セクターは引き続き弱い

東証1部で上昇したのは12業種、下落したのは21業種でした。上昇率の上位には、その他製造を除くと、輸出関連業種が目立ちました。他方、下落率の大きい業種には、ディフェンシブ業種、素材関連業種が多く見られます。また、前日に続いて金融関連セクターの多くも安く終わりました。

個別銘柄では、何と言っても任天堂 <7974> の急騰が最大のトピックでした。一時は+18%超の爆騰となり、終値でも+13%超の上昇となりましたが、日経平均株価の採用銘柄でないことが惜しまれます。また、任天堂と提携するディー・エヌ・エー <2432> も+10%超の急となりました。その他では、コマツ <6301> や日立建機 <6305> などの建設機械株の上昇が目立ちました。一方、三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> などの金融株、及び、しまむら <8227> などの小売専門店株が下落しました。さらに、富士重工 <7270> など自動車株の一角や、三菱電機 <6503> なども値を下げています。

1/2ページ

最終更新:9月9日(金)6時0分

投信1

チャート

任天堂7974
27105円、前日比+110円 - 9月23日 15時0分

チャート

ディー・エヌ・エー2432
3645円、前日比-115円 - 9月23日 15時0分

チャート

コマツ6301
2383円、前日比+60円 - 9月23日 15時0分