ここから本文です

錦織 全米OP準決勝ワウリンカ戦に向け、約1時間練習<男子テニス>

tennis365.net 9月9日(金)2時32分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は8日、第6シードの錦織圭(日本)が12時5分から13時までプラクティス・コート1で練習し、翌日に控えた第3シードのS・ワウリンカ(スイス)との男子シングルス準決勝に備えた。

【錦織vsワウリンカ 1ポイント速報】

この日は、前日に行われた第2シードのA・マレー(英国)と3時間58分に及ぶ激闘の疲れを見せず、サービス・リターンを入念にチェック。その後、コーチのM・チャン(アメリカ)による球出しのフォア・バック・スライス・ドロップショットなどを確認した。

13時に練習を終えた錦織は、ゲートで待ち構えていたファンにサインをし、会場内に戻った。

錦織とワウリンカは今回が6度目の対戦で、錦織の2勝3敗。直近のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)準決勝では錦織がストレートで勝利している。また、2014年の全米オープン準々決勝も錦織がフルセットでワウリンカを下した。

ワウリンカは準々決勝で、2009年の全米オープン覇者であるJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)をセットカウント3-1で振り切っての勝ち上がり。


【錦織vsワウリンカ 対戦成績】

<2016年>
ロジャーズ・カップ準決勝 錦織圭 7-6 (8-6), 6-1 S・ワウリンカ

<2015年>
全豪オープン準々決勝 S・ワウリンカ 6-3, 6-4, 7-6 (8-6) 錦織圭

<2014年>
全米オープン準々決勝 錦織圭 3-6, 7-5, 7-6 (9-7), 6-7 (5-7), 6-4 S・ワウリンカ

<2012年>
W&Sオープン3回戦 S・ワウリンカ 6-3, 6-3 錦織圭

アルゼンチン・オープン準々決勝 S・ワウリンカ 6-4, 6-2 錦織圭

tennis365.net

最終更新:9月9日(金)5時30分

tennis365.net