ここから本文です

楽天グループ「ボヤジン」、民泊利用者にアクティビティ予約サービスを提供開始

トラベルボイス 9月9日(金)10時40分配信

楽天グループ傘下のアクティビティ予約サービス「ボヤジン」が、民泊宿泊者向けに特化したデバイス「TATERU Phone」でのサービスを開始する。このサービスを利用することで、民泊利用者は観光ツアーやエンターテインメント、文化体験などのアクティビティを予約できるようになる。

【画像】「ボヤジン」がサービス提供を開始する民泊利用者向けプラットフォーム

「TATERU Phone」は民泊事業をおこなうインベスターズクラウド社の子会社、iVacationが運営する”民泊向けIoTデバイス”。パートナーシップを組む複数企業がサービスを提供する民泊宿泊者向けプラットフォーム「TATERU ECOSYSTEM」の中心に位置付けられるものだ。同デバイス上のサービスを使うことで、旅行者は宿泊先へのチェックインやチェックアウト、スマートキーの活用、チャットなどでの問い合わせ、ブラウザを使った旅行情報の検索などが多言語で利用できる。これまでには、エボラブルアジア社による交通予約サービス、セブン・セブン・ハーツの社が提供する音楽イベント予約機能、IPPON社が提供する国内観光スポット音声ガイド機能を搭載。今回のボヤジンは第4弾サービスとしての提供となる。

トラベルボイス編集部

最終更新:9月9日(金)10時40分

トラベルボイス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]