ここから本文です

自殺予防でキャンペーン 一人で悩まず“まず相談を”/富山

チューリップテレビ 9月9日(金)20時14分配信

 10日から自殺予防週間が始まるのを前に、富山駅で啓発キャンペーンが行われ県の職員などが「追い込まれる前に相談を」と呼びかけました。

 このキャンペーンは、県や県内の精神保健福祉士などが毎年この時期に行っているものです。
 9日は、悩んだときのための相談窓口などを書いたチラシを富山駅で配りました。
 県内の自殺者の数は経済状況の改善とともに減少傾向にありますが、それでも、去年1年間で216人がみずから命を絶っています。
 また、日本財団が先月おこなった調査では、県内の4人に1人が「過去に本気で自殺したいと思ったことがある」と答えています。
 県などは、「ひとりで抱え込まずにまずは連絡してほしい」と呼びかけています。

チューリップテレビ

最終更新:9月9日(金)20時14分

チューリップテレビ