ここから本文です

牛900頭 搬出へ 北海道南富良野町台風で孤立の牧場

日本農業新聞 9/9(金) 7:00配信

 台風10号による大雨で川が氾濫し、道路が寸断されて孤立していた北海道南富良野町の串内牧場で8日、約900頭の牛の搬出作業が始まった。道路を車が入れるように応急措置すると、牛を預けていた酪農家やJA関係者らが、トラックに牛を載せていった。

 同牧場は、周辺地域の酪農家から乳牛の育成牛などを預かり、放牧して育てている。大雨で牧場につながる道路が崩れたため、預けられていた牛たちは飲用水の確保などが心配されていた。

 当初は12日からの作業開始を目指していたが、道路の応急措置を急いだことで搬出が早まった。牧場やJAの職員などが参加し、初日は60頭ほどを搬出。10日間ほどで全ての牛の搬出を終えたい考えだ。

 牛8頭が戻ってきた同町の佐々木駿さん(25)は「けがをしていないか心配だったが、元気に帰ってきてくれてほっとした」と胸をなでおろした。

日本農業新聞

最終更新:9/9(金) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。