ここから本文です

”とと姉ちゃん”高畑充希が「ムーヴ キャンバス」編集長に就任!?[新型車発表会レポート]

オートックワン 9/9(金) 10:39配信

「両側スライドドア」付で、しかも「かわいい」ムーヴ

「ウェイク」や「キャスト」など、軽の新ジャンルを次々開拓するダイハツから、また新たなモデル 「MOVE canbus(ムーヴ キャンバス)」 が2016年9月7日に誕生した。

”とと姉ちゃん”高畑充希が「ムーヴ キャンバス」編集長に就任!?(画像70枚)

王道の軽ハイトワゴン「ムーヴ」から派生したモデルだが、写真を見てもお分かりのとおり、とっても『かわいい』。

そしてもうひとつ、ハイトクラスでは初の『両側スライドドア』採用による高い機能性が大きな特長である。

ムーヴ キャンバスがターゲットとするのは「女性」。しかも日々の暮らしを積極的に楽しむ女性たちに向け開発された。

単にオシャレなだけではなく、日々の生活の道具として使える「機能性」を両立。そんな「一粒で二度美味しい」お得感に、お財布にシビアな彼女たちの心もグッと掴むことだろう。

高畑充希、再び編集長に就任

発表イベントでは、朝ドラ女優として幅広い層から人気急上昇中の高畑充希さんが登場。

生活者のための雑誌『あなたの暮らし』を出版するドラマの中の「とと姉ちゃん」のように、高畑充希さんが「ムーヴ キャンバス」編集長に就任した。

ドラマでは「あなたの暮らし」読者のために、タブーとも言えるシビアな商品試験を行い話題を呼んでいたが、発表イベントでもライフスタイル毎に姿を変えた様々なムーヴ キャンバスを紹介。

荷物の積み下ろしなどを通じて、電動スライドドアや、後席下の収納ボックス(その名も「置きラクボックス」)の使い勝手などを試していた。


[Photo&レポート:オートックワン編集部]

最終更新:9/9(金) 10:44

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。