ここから本文です

「ジャニーズ事務所がなかったら、SMAPとも出会えなかった」 ファン聖地、いま想うこと

BuzzFeed Japan 9月9日(金)11時15分配信

刻一刻と解散が近づいているSMAP。ファンはいま、どのような心境で”そのとき”を迎えているのだろうか? BuzzFeedは、とある場所に向かった。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

一見、何の変哲もない居酒屋だが、店内に入るとSMAPのポスターやグッズが並ぶ。

ここは、新宿御苑近くにある居酒屋「新宿魚縁 一丁目」。SMAPを愛する店とし、ファンからは「SMAPファンの聖地」と親しまれている。

同店店主で、自らもSMAPファンの中村仁さん。ファンとしての、いまの心境を聞いた。

「犯人探しをしても、意味がない」

中村さんは現在、37歳。高校生のときに見た木村拓哉さん主演のドラマ「ロングバケーション」がきっかけで、SMAPにのめり込んだ。

「解散は、友人からのLINEで知りました。そのときは、単純ですが『最悪だ』『マジかよ』としか思えませんでした。1月のときは、続けると聞いて安心していたので……」

「結局、私たちは彼らの言葉から読み取るしかないのです。いろんな報道が出て、ファンはモヤモヤしたり、事務所に不満を抱いたり。その気持ちもわかりますが、私は誰が悪いとか、犯人探しは意味がないと思っています」

「5人の考えもあるだろうし、長年やってきて、気持ちのズレもあって当然だろうと。続けて欲しい気持ちもありますが、現実を受け止めて、SMAPが成し遂げてきたこと。私たちの支えになってくれたことに、感謝したいです」

同店では、SMAPのDVDを鑑賞しながら酒を飲み、談笑する。訪れるファンは、寂しく思っている人もいれば、気持ちを切り替え、今後を応援しようとする2つに分かれるそう。

しかし、共通するのが「やはり、すっきりしない」というところだ。中村さんも「わかりにくい解散ですから……」と視線を落とす。

事務所への不満、SMAPの魅力

解散発表後、ファンからは「飼い殺し?」などジャニーズ事務所への怒りの声が挙がった。中村さんは、どう思っているのだろうか。

「店に来てくれるファンのなかにも、批判する人はいます。しかし、事務所もメンバーもベストな解決方法は探そうとしていたのではないでしょうか。ジャニーズ事務所がなかったらSMAPとも出会えなかった。それも、事実です」

中村さんは、これまで20回ほどライブに参加。「SMAPは目標である」ということから、「目標」と書いたうちわを持って行った際、中居さんからグッドサインをしてもらったそう。

また、香取さんが投げたバスタオルを見事ゲット。宝物として、自宅に飾っている。あらためてSMAPの魅力を聞いた。

「優しくて、かっこよくて、仕事も一生懸命で。小学校のクラスの人気者って、そんな感じじゃないですか? だから、日本の人気者になったのかなって。それでいて、ファンへの感謝を忘れない。本当に目標です。あんな男になりたい」

「最後にもう一度……」

SMAPは解散しても、店は続けるという。「SMAPを思い出せる場になれれば」と中村さん。

「もし叶うなら、最後にもう一度、5人で歌って欲しいです。それで、自分の言葉で、ファンに話してもらいたい。そのあとは、メンバーそれぞれの人生を楽しんでもらえれば、私はなにも望みません」

中村さんの好きなSMAPの曲「Fine,Peace!」には、こんな一節がある。

瞳閉じればいろんな顔 振り返ってみると 多くの愛に支えられてFine,Peace! ここまで来られた

最終更新:9月9日(金)11時15分

BuzzFeed Japan