ここから本文です

「北朝鮮への制裁強化は検討していく」核実験実施を受け、菅官房長官が今後の対応に言及

ログミー 9/9(金) 13:45配信

2016年9月9日、日本政府は北朝鮮が5回目となる核実験を行ったと判断。菅官房長官が記者会見を開き、北朝鮮への制裁や今後の対応について語りました。

安保理でのさらなる対応を求めている

記者1:日本政府として核実験と判断した根拠なんですが、総合的に勘案したとのことでいたけれども。

菅義偉氏(以下、菅):今(会見で)申し上げましたとおり、過去の経験則もふまえて、総合的に判断したということです。

記者2:NHKのタカハシです。北朝鮮は今日は68回目の建国記念日を迎えたわけですけれども、このタイミングで核実験を強行した理由をどう分析なさっていますか?

菅:いずれにせよ、常日頃から北朝鮮の核実験の動きというのは、日米とのなかで私どもは経過監視にあたっておりましたので、そういう中で今回、北朝鮮が行ったわけですけれども、事柄の性質上、政府として発言することは控えたい。

ただいずれにしろ、そうした情報のなかで監視にあたっていたことは事実であります。

記者2:日本としては安保理の緊急外交の中止を求める、とのことでしたけれども、3月の制裁決議よりもさらに厳しい内容の決議採択を目指す可能性というのはあるのでしょうか。

菅:まず、北朝鮮は今日までに、1月の核実験、そして2月の弾道ミサイル発射。こうしたなかで、北朝鮮に対して独自の措置を決定しました。また3月には、国連安保理において制裁を大幅に追加、強化する強い内容の安保理決議2270号が採択をされました。

わが国としては、本年2月に決定したものを含むわが国独自の措置及び、国連安保理決議に基づく措置を着実に実施をしてきておりました。

また、米国・韓国・中国・ロシアをはじめとする関係各国、さらに国際社会との協力をさらに強化し、関連安保理決議の実効性の確保を図るとともに、安保理でのさらなる対応を含む北朝鮮への対応を今、求めているところであります。

そして、わが国としては北朝鮮に対して拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的な解決のために、わが国が取るべくもっとも有効な手段を講じてまいりたい。こういうふうに思います。

記者2:NHKタカハシです。関連になります。国連でも日本独自としても今回の事態を受けて、さらに制裁を強化するということになるんでしょうか?

菅:さらなる独自制裁については、考えていきたいと思います。

1/3ページ

最終更新:9/9(金) 13:45

ログミー

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。