ここから本文です

パラリンピック=開会式で世界が驚嘆!=車いすでの大ジャンプ

ニッケイ新聞 9/9(金) 21:38配信

「車椅子のおかげで、飛ぶことも、夢もかなえることもできる」―。そう語るのは7日に行われた、リオ・デ・ジャネイロ・パラリンピックの開会式で世界の度肝を抜く、車いすでの大ジャンプを成功させた、〃アーロン・ホイールズ〃こと、アーロン・フォザリンガムさん(24・アメリカ)だ。マラカナン・スタジアムの観客席に作られた17メートルの巨大スロープから一気に滑り降り、そのままジャンプ、開会式開始を告げるカウントダウンで使われた「0」の字のボードの真ん中を見事にくぐった上に宙返りを決め、着地したシーンは世界中の人々の心に刻まれた。
 「こんなこと夢にも思わなかった。パラリンピック開会式に出られるなんて、ここまで支えてくれた家族、実現に尽力してくれた関係者に感謝してもしきれない」と、アーロンは開会式の間、興奮を抑えきれずに語った。
 アメリカはネヴァダ州ラス・ヴェガス出身のアーロンは、車椅子でのスケーティングの技術を競うWCMXという種目の選手だ。2020年の東京五輪では健常者によって競われる類似の種目、スケートボードの採用が決まったこともあり、アーロンはWCMXもパラリンピックに採用されることを願っている。「僕にとって最も重要なことは、WCMXを見た人が、車椅子でもこんなにすごいことができて、人生を楽しむことができるんだって気づいてくれることさ」とアーロンは目を輝かせた。

最終更新:9/9(金) 21:38

ニッケイ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。