ここから本文です

酸攻撃の被害女性、ファッションウイークのランウエーに 米NY

AFPBB News 9月9日(金)9時39分配信

(c)AFPBB News

【9月9日 AFP】義理の兄とその友人たちに押し倒され、酸を浴びせられたために片目を失い、顔に大きな傷を受けたインド人女性が8日、米ニューヨーク(New York)で開催されているニューヨーク・ファッションウイーク(New York Fashion Week)のランウエーに登場し、大きな歓声を受けた。

 インド人デザイナーのアルチャナー・コーチャー(Archana Kochhar)氏が手掛けたドレスを身にまとったレシュマ・クレシ(Reshma Qureshi)さん(19)は、緊張を振り払いながらまるでプロのモデルのような足取りでランウエーに登場した。

 クレシさんはショーの後、AFPの取材に対して「本当に晴れ晴れしい気持ちで、素敵な体験だった」と語り、「まるで人生がすっかり変わったような気分」と感想を述べた。

 クレシさんは2014年に酸攻撃を受けた後、インド国内で酸の自由な販売を中止させるキャンペーンの「顔」となっている。(c)AFPBB News

最終更新:9月10日(土)8時4分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。