ここから本文です

K1横羽線と第三京浜をつなぐ首都高「K7横浜北線」、2017年3月開通

乗りものニュース 9月9日(金)15時46分配信

開通区間の約7割がトンネル

 首都高速道路は2016年9月9日(金)、建設中の「首都高速神奈川7号横浜北線」が、2017年3月に開通すると発表しました。

混んでいる高速道路はどこ? 渋滞ワーストランキング【都市高速道路・JCT区間別】

 この路線はK1横羽線とK5大黒線が交わる生麦JCT(横浜市鶴見区)と、第三京浜の港北ICに接続する形で新設される横浜港北JCT(同、都筑区)を結ぶ長さ約8.2kmの道路です。途中には岸谷生麦出入口と新横浜出入口が設けられます。なお、馬場出入口は道路開通以降も引き続き工事が進められます。

 開通区間のおよそ7割を占める「横浜北トンネル」(長さ約5.9km)は、道路トンネルとしては横浜市内最長。また、鶴見川と大熊川の合流部付近に架かる「大熊川トラス橋」(長さ158m)は、上下2層形式の単径間トラス橋としては日本最長です。

 首都高速道路では、K7横浜北線の開通により、新横浜から羽田空港までの所要時間が、現在の三ツ沢経由の40分から30分に短縮すると試算しているほか、新横浜地区の商業施設やイベント施設へのアクセス向上などが見込まれるとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:9月9日(金)18時11分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]