ここから本文です

全米ジュニア 内藤祐希はストレート負けで8強ならず<女子テニス>

tennis365.net 9/9(金) 6:47配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は8日、ジュニアの女子シングルス3回戦が行われ、第15シードの内藤祐希(東京都/ TEAM YONEZAWA)はC・Branstine(アメリカ)に4-6, 1-6のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

内藤 祐希 選手詳細情報

この試合、内藤は3度のブレークを許して第1セットを40分で落とす。第2セットに入ると主導権を握られ、1度もブレークチャンスを握ることが出来ず、3回戦で力尽きた。

全米オープン・ジュニア初出場の内藤は、今大会1回戦でT・Pieri(イタリア)、2回戦でD・Kuczer(ポーランド)をいずれもストレートで下し、3回戦へ駒を進めていた。

今年は全仏オープン・ジュニア、ウィンブルドン・ジュニアに出場するも、単複共に初戦敗退だった。

その他の日本勢女子は本玉真唯(神奈川県/ S.ONEグリーン テニスクラブ)が初戦敗退。村松千裕(千葉県/ 吉田記念テニス研修センター)と宮本愛弓(千葉県/ ローズヒルテニスクラブ)が2回戦で敗れた。

男子は堀江亨(岐阜県/ 関スポーツ塾・T)と予選勝者の菊地裕太(兵庫県/ 相生学院高校)が1回戦敗退。清水悠太(滋賀県/ パブリックテニスイングランド)は2回戦で敗れ、第7シードの綿貫陽介(フリー)が3回戦進出を決めている。

tennis365.net

最終更新:9/9(金) 6:47

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています