ここから本文です

県議会自民党議員会 県産材利用促進へ条例案提出/富山

チューリップテレビ 9月9日(金)20時18分配信

 県議会9月定例会が9日開会しました。

 中では、県議会・自民党会派が『県産材利用促進条例』の条例案を提出し、「林業・木材産業を成長産業に変革する」と説明しました。

 本会議では、会期を今月28日までと決めたあと、一般会計で97億5000万円あまりの補正予算案などが提出されました。
 また、県議会・自民党会派から議員提出議案で『県産材利用促進条例』の条例案が提出されました。
 条例案は、県が基本計画を策定することとしているほか、木材の安定供給に向けて関係団体による協議会を設置することを定めています。
 提案理由を説明した宮本光明議員は、「戦後に植林された人工林が本格的な利用期を迎えている」とした上で、「林業・木材産業を成長産業に変革する」と述べました。

 県議会9月定例会は今月12日から論戦が始まります。

チューリップテレビ

最終更新:9月9日(金)20時18分

チューリップテレビ