ここから本文です

滝田氏が「会頭選」出馬へ 郡山商議所、副会頭4人一致で推薦

福島民友新聞 9月9日(金)9時11分配信

 今秋の郡山商工会議所の会頭選で、常議員の滝田康雄氏(72)=恒和薬品社長=は8日、福島民友新聞社の取材に「会頭選への立候補を前向きに検討していく」と述べ、立候補の意思を示した。

 同日開かれた常議員会終了後には、須佐喜夫会頭職務代行副会頭が、副会頭4人が一致して会頭選立候補について推薦し、受諾されたことを報告した。滝田氏は常議員を前にあいさつし「副会頭4人の意見を非常に重く受け止めている」と述べた。現在、ほかに会頭を目指す目立った動きはない。

 会頭職は5月の丹治一郎会頭の死去に伴い空席となり、副会頭の須佐氏が会頭職務代行を務めている。

 滝田氏は郡山市出身。安積高、学習院大法学部卒。恒和薬品社長を務める一方で、同社の親会社である医療用医薬品業界で売上高全国1位の医薬品卸の持ち株会社、アルフレッサホールディングス(東京)の副社長を務め、6月に特別顧問に就任。日本医薬品卸売業連合会常任理事などを歴任した。郡山青年会議所理事長、郡山商議所青年部会長を務めた。

 副会頭4人は、これまでの経歴や幅広い人脈を踏まえ、適任と判断したとしている。

 会頭選の立候補届け出期間は10月11~14日。立候補には議員10人以上の推薦が必要。候補者が1人の場合は無投票で、複数の場合は議員による投票を行う。任期は11月1日から3年。

福島民友新聞

最終更新:9月9日(金)9時13分

福島民友新聞