ここから本文です

ゼイン・マリクのプロデューサーデビューにサイモン・コーウェルがご立腹!

ELLE ONLINE 9月9日(金)20時39分配信

ゼイン・マリクがエグゼクティブプロデューサーを務めるのは、テレビ局NBCが制作するドラマ「Boys(原題)」。なんとワン・ダイレクションのようなボーイズバンドを主人公にしたストーリーで人気テレビドラマ「シカゴファイア」のプロデューサー、ディック・ウルフと組んで制作するそう。ゼインは「ディックやNBCと一緒にみんなを魅了するようなドラマを作るなんて素晴らしいチャンスだ」とコメントを発表、意欲を見せているそう!

でもゼインの抜擢にワン・ダイレクションのプロデューサー、サイモン・コーウェルはご不満。インタビューでこのことを聞かれると「ワン・ダイレクションがどう生まれたかということを考えたら、このドラマのアイデアを思いついたときまず僕のところに来るべきだ」と不快感を露わに。さらに「野心のある人は好きだ。でも嘘をつきたくはない。まず僕に話をするべきだと思っている」とイライラした口調で話したそう。

1Dのリアム・ペインとナイル・ホーランからはソロ契約を断られ、ゼインにも無視されてしまったサイモン。「もう何が起きても驚かない」と言うほど怒っているとか。とはいえ、ゼインは脱退しちゃうし、ルイはパパになっちゃうし、ついには1Dごと活動休止しちゃうし……。「もう何が起きても驚かない」ってそれはファンのセリフ!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:9月9日(金)20時39分

ELLE ONLINE