ここから本文です

THE SxPLAY「未完成キャンバス」がパラリンアート公式応援ソング2016-2017に決定!!

E-TALENTBANK 9月9日(金)15時36分配信

THE SxPLAY「未完成キャンバス」がパラリンアート公式応援ソング2016-2017に決定したことがわかった。パラリンアートとは、障がい者アーティストの経済的な自立を目的とした彼らのビジネス支援を行う活動団体。

公式応援ソングとなった、「未完成キャンバス」は、日々悩みもがきながらも前を向いて、「少しづつでも自分なりの『答え(色)』を見つけていく」そんなきっかけになりたい、という思いを込めて制作されたポジティブな楽曲。

楽曲から伺える、夢や目標に向かってがんばりたい、がんばっている人の背中を押したいというメッセージが今回パラリンアートの想いと共感したことで、公式ソング化が実現した。またモデルで手話パフォーマーの三城千咲が織りなす、手話コミュニケーションをMVに取り入れることでまったく新たな「未完成キャンバス」が誕生している。

こちらはTHE SxPLAYに加え、モデルで手話パフォーマー・三城千咲を迎え手話パフォーマンスのプロデュースは岡本かおり、HANDSIGNのもと行われた。

なお、現在THE SxPLAYは自身のTwitter、Facebook、Instagramを使って“365 songbooks”という動画配信企画を6月からスタートしている。こちらでは洋楽を中心に、未発表曲のデモやセルフカバーなど、365日その時々に合った楽曲を毎日夜10時に載せるという企画。ぜひ、こちらも併せてチェックしてみよう。

最終更新:9月9日(金)15時36分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。